スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツ大会

ニカラグァでは,
青少年活動隊員の活動の一環として,
隊員同士の趣味として,
隊員VSニカラグァ人のスポーツ大会が開催されます.
野球,サッカー,バスケットボール.
スポーツ大好きアクティビティー大好きなチェは数々の試合に応援・参加してきました!

野球大会3回野球大会

サッカー大会2回サッカー大会

バスケット大会1回GetAttachment.jpg


運動不足の人間に急なスポーツはいろんな怪我を負わせます.
こけた.足の裏の皮ずる剥けた.
「こどもの運動会でこけちゃうお父さん」のようなあたし.
ひどいもんです.

でも青空の下,汗かいて,走って.
言葉なしでも通じるスポーツを楽しむ心.
超楽しい!胴上げ

ニカラグァ人って青少年からおじさんまでみんながスポーツするの!
しかも35℃を超えているであろう気温の中で.
日本で30とか40のおじさんが思いっきり走って汗かいて
野球したりバスケしたりする姿見たことない.(もちろんプロを除く)
ニカラグァ人の暑さに対する耐性と
若さには負けない身軽さには驚きが隠せません.
頑張れ!負けるな!日本のお父さんたち!ゴールの上にひょいッ



ぁ,スポーツ大会の後は,参加者みんなで会場のゴミ拾い.ゴミ拾い
ニカラグァ人はゴミを平気で捨てていくので大量のゴミが.
「ゴミはゴミ箱に」の気持ちをこういう場で披露することでニカラグァ人の心への革命を図ります.
スポンサーサイト

ピニャータ作り

「Feliz cumpleaños!(お誕生日おめでとう!)」
ケーキを食べて,コーラを飲んで,
「さぁ,ピニャータの時間よ♪」
ニカラグァの(中米の?)子供のお誕生日にはピニャータで祝う習慣がある.

ピニャータとは,
新聞紙で作られた紙人形で
中にチョコや飴が詰まっていて
ぷーサンやスパイダーマンのキャラクターにかわいく飾りつけしてあるモノ.
一年中,メルカドやお店で売られている.
大きさは掌サイズから2mくらいのモノまでピンキリ.
このピニャータを天井から吊り下げ,
硬い棒でボコボコに叩いて壊し,
ピニャータの中から出てくるお菓子をみんなでワーッと拾い集める.
かわいらしいのか,おそろしいのか,誕生日会には欠かせない存在.

ニカラグァに来て誕生日会ごとに壊されるピニャータにビックリしたケド
今となっては「チェにも棒貸してーっ」てほどに慣れてしまった.

そんなかわいいピニャータを今回,作ってみた!
材料は,古新聞,澱粉糊,天井から吊るす用のビニル紐,装飾用のきれいな紙のみ.

まずは,糊作り.
キャッサバの澱粉にレモン汁と水を加えて加熱しながら糊にする.のり作り
障子の張替えみたいで懐かしいねって喋りながらお鍋でコトコト,ネリネリ.

糊をほどよく付けながら新聞紙を丸めて手足をつくる.夢中になってマス
頭や胴体も同じ要領でぐるぐると.

各部位ができたら細長くちぎった新聞紙でぐるぐる巻きつけて固定させる.
ポーズは自由.座ったり,立ったり,走ったり.
土台はこれでできあがり.下地完成

作り方は,子供も作れるくらい簡単.
でも,この作業,けっこぉ集中力を要す.疲れちゃった.

昼食をはさんで
仕上げの装飾.
鮮やかな色紙での装飾は楽しくて
時間が経つのも早くて
でもイメージ通りキレイに貼り付けられなくて.

チェが作ったピニャータのデザインはマリオ.
作りながら思った.
「マリオって中米人?」
名前もぢゃケド,ひげ具合や髪型もコッチの人!
そぅ思うと急に愛着が沸いた.

最後に,背中に小さな窓を作って中身の新聞紙を取り出す.
この窓は,後にお菓子を入れる窓になる.
時間がなくてバタバタしたけどかわいいピンクマンとマリオが完成ッ!どぉ?どぉ?
できたーッ♪
ほかにもアンパンマンやカエル,女の子,レスラーもいた.
集中力使って疲れたケド大満足!

ちなみにこのマリオ,ブロック壊すためにjumpしとるとこ.わかる?
ぷぃ~んッmario.jpgって.



一日かかってようやくできた一体のピニャータ.
メルカドでは500円もせずに売られている.
挙句の果てには棒でボコボコに…
誰かマリオもらってください.チェには壊せない.泣.

仕事では子供たちと触れ合う時間はないし,
子供たちのために何かを作ったり準備したりしたことなかった.
分野は違えど,ニカラグァ文化を学ぶことができた.

土壌講習会

シニア隊員福岡さんの任地Masaya県La concepciòn市SanIgnacioにて
出張「土壌講習会」を行ってきました!

SanIgnacioはPitaya(ドラゴンフルーツ)の生産地.
現在,輸出への動きも始まっている.

第一回目
Pitaya生産者対象の輸出講習会が行われたので,その中で時間をもらって
作物生産向上へのさらなる知識習得を目的に
土壌と肥料の関係や土壌と作物の関係など,1時間程度.

予定時刻の大幅な変更による講習時間短縮への対応や
プレゼン方法,スペイン語力など個人的反省点モリモリ.

でも,終了時に
「続きはいつやってくれるんだ?」
「質問があるんだけど!」
と,いくつもの声が.
講習内容に多くの興味を示してもらえたコトが嬉しかった.


第二回目
SanIgnacioの代表生産者Antnioさん宅の庭で15名を対象に.
前回の反省を下に,解りやすく大きくて見えやすい図や表を使用.
ablando.jpg

青空教室かつアットホームな雰囲気だったけん,
質問や回答が多く飛び交い,参加者同士による熱い意見交換会になった.
彼ら自身にも良い機会となったのではないかと思う.

また,その中で,彼らの知りたいことは
教科書に載っている内容ではなくて,自分の畑には具体的に何をすればいいか
ということだとわかった.
そのためには,土壌分析とその結果の解説が必要である.
次回講習会の内容,および研究室と生産者の繋がるきっかけがみえた.
少しずつぢゃケド生産者との関係が広がって,
んで,彼らもチェの仕事に興味を持ってくれることを嬉しく思う.
彼らの質問や期待に応えられるようになっていきたい.
con DonAntonio


ただいま,第三回目内容について検討中!
Pitayaの開花時期か収穫時期に合わせて一度打ち合わせに行く予定.
開花日がいいナ♪一晩しか咲かない花,見てみたい.
プロフィール

森高千恵

Author:森高千恵
2008年3月,東京農業大学生物産業学部卒業.
20年度1次隊,土壌肥料.
ニカラグァ国立大学であるUNANの化学科研究所にて土壌・堆肥・作物体の分析補助.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。